なぜ火災保険で地震の損害が補償されないのか?

地震の災害は、発生が極めて不規則です。
さらに、阪神・淡路大震災や東日本大震災のような巨大地震が発生すると、被害は広範囲に及びます。
被害が広範囲に及ぶと、損害額が大きくなりすぎるため通常の保険の仕組みが成り立たなくなってしまうのです。
そのため、火災保険では、保険金が支払われず、火災保険の付帯として契約しなければいけないことになっています。

地震保険に加入すると、住居用の建物と家財に対して保険金が支払われます。
建物5000万円、家財1000万円が上限で主契約(火災保険)の保険金額の30~50%の範囲で任意に定められます。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。