ハンガリー「危機対策税」

先日の「ポテトチップス税」に続き、ハンガリーの税金について。
ハンガリーの危機対策税
ハンガリーには、金融危機に伴う政府負担増の一部を民間企業に負担してもらう特別税(危機対策税)という税も導入されています。
そのうちの1つに「通信税」というものがある。
これは、通信会社の売上に対する最高税率6.5%を課税するもの。
ほかに、エネルギー業界や小売業界に対しても危機対策税を導入している。
2011年の税収額は1610億フォリント(580億円)を見込んでいる。
このうち、通信税は610億フォリント(約220億円)

この通信税は、現在、EC(欧州委員会)に廃止を要請されている。
※EC欧州委員会)は、EU(欧州連合)の行政執行機関。

世界にはいろいろな税金が導入されています。
金融危機以降は、変わった税金の導入が多いように感じますね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。