収入と所得の違い サラリーマンと自営業の場合

収入と所得の違いがごっちゃになって考えている方も多いようです。
紛らわしいですが、収入と所得は別モノ。
収入から経費を引いたものが所得となります。

以下、会社員やアルバイト・パートの場合、自営業者の場合で収入と所得です。

会社員やアルバイト・パートの場合

収入 → 総支給額(社会保険料や税金などが引かれる前の額)
所得 → 給与所得 = 給与収入-給与所得控除額

給与所得控除額は、収入によって変わってきます。
給与所得控除は

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超    3,600,000円以下 収入金額×30% +  180,000円
3,600,000円超    6,600,000円以下 収入金額×20% +  540,000円
6,600,000円超    10,000,000円以下 収入金額×10% + 1,200,000円
10,000,000円超  収入金額× 5% + 1,700,000円

自営業者の場合

収入 → 売り上げ
所得 → 売り上げ – 経費

になります。

この所得から、人それぞれの事情に応じて税金をかけない分を差し引くのが、控除となります。
生命保険料控除とか、配偶者控除などですね。
控除後の額に所得税がかけられます。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。