働く『法定労働時間と割増賃金』

法定労働時間

労働基準法で定められている労働時間は上限1週間40時間です。(1日の労働時間は、8時間)
例外として、商業(卸・小売業)、理・美容業、倉庫業、等、映画・演劇業、病院、診療所等の保健衛生業、社会福祉施設、接客・娯楽業、飲食店等で、常時使用する労働者(パート・アルバイトを含む。以下同じ。)が10名未満であれば、週44時間まで認められています。

会社側が残業や休日出勤を命じる場合、労使協定を結び、労働基準監督署へ届け出て就業規則などへの記載が必要になります。
手続きがされていれば、労使協定の範囲内で残業や休日出勤を命じることができます。

労使協定とは

労使協定とは、簡単に言うと労働者と雇用者(雇用主)の間での約束事です。
両方の同意があって決め、その内容が法律に反したものでない限り、労働者も雇用者も労使協定に従う必要があります。

休日出勤・残業の割増賃金

休日出勤は3割5分以上、残業は2割5分以上の割増賃金を支払うことが、原則定められています。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。