12年度13年度の課税強化 政府税調

政府税制調査会は12月6日、12年度税制改正に

  • 年収1500万円超の会社員の給与所得控除を上限を245万円にする。
    これは11年度税制改正で先送りになっていた。
  • 勤続5年以下の役員の退職金の優遇を廃止

を盛り込む方向で調整。

13年度以降の検討課題

  • 23~69歳の親族を扶養する納税者の税負担を軽くする「成年扶養控除」の縮小
  • 相続税の基礎控除を縮小
  • 消費税増税

年々、税金で締め上げられる感覚があるのは私だけでしょうか?
私は、年収1500万円なんて程遠いし、どこの役員でもないので、12年度は関係ないのですが・・・

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。