保険と宝くじは同じ仕組み・相互扶助の精神

保険は宝くじと同じ仕組みになっています。

宝くじは、みんなが購入したお金を集めて当選者支払う仕組みです。
保険もこの仕組みと同じです。

保険の加入者から毎月保険料という名目で集めたお金は病気やけがなどで亡くなった人の遺族に対して保険金を支払うためのものです。

保険の始まりは、明治維新の時に福沢諭吉が海外から「お互いがお互いを助け合う」という保険制度を日本国内に紹介したものだと言われています。
相互扶助の精神ですね。

万が一の不慮の事故が起こったとき、みんなでその人や家族を支えましょう!ということです。

保険は「加入する」といいますが、相互扶助に参加するという意味もあります。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。