主要国の国会議員 給料(歳費)比較。日本はダントツ1位!?

歳費とは、国会議員の給与のことです。
日本の国会議員の歳費は高いと良く言われますが、どのくらい高いのでしょう?

主要国の国会議員(下院) 歳費比較

日本:2106万円
イタリア:1338万円
アメリカ:1335万円
カナダ:1198万円
ドイツ:944万円
フランス:842万円
イギリス:778万円
※日本でいう下院は衆議院です。
※為替換算:米ドル=76.74円,カナダドル=75.93円,ユーロ=98.79円,ポンド=118.37円

今よりも円安になれば、日本の国会議員の歳費と他国の差は縮まります。
とはいえ、今は
ダントツで日本が1位です。

歳費以外にも、日本の国会議員はたくさんもらっています。

  • 文書通信交通滞在費:1200万円
  • 立法調査費:780万円
  • 秘書給与(3人分):約2300万円

歳費と合わせると、
国会議員一人当たり6380万円も税金を使っていることになります。

政党によっては政党交付金がもらっています。

ちなみに、
文書通信交通滞在費は、公の書類を発送し及び公の性質を有する通信をなす等のため。
とされていますが、領収書も必要なく、実際は何に使わってもいいという状態のもの。
これが、月100万円、年1200万円です。

この主要国の歳費を見てみると、財政危機がささやかれているイタリアは国会議員に多く歳費を支払っています。

なんて言ってたら、日本も同じ状況になったとき、他国から「払いすぎ」と言われてしまうんでしょうね。

他にも、国会議員の方々には『選挙にかかるお金』などの税金が使われています。

みんなの党が頑張って法案だしてくれてるんですけどね・・・
みんなの党は2012年1月25日、国会議員の歳費を3割、期末手当を5割、それぞれ削減する法案を参院に提出。
同法案の提出は2010年7月から続けられていて6回目の提出になる。
今のところ、審議入りは一度もない。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。