フランス大統領選『年間所得100万ユーロの人に75%課税』

2012年4月に第一回投票が行われるフランス大統領選。
現在のニコラ・サルコジ大統領の有力対抗馬として野党・社会党フランソワ・オランド氏が
「年間所得100万ユーロの人に75%課税する。」
公約を打ち出した。
現行のフランス最高税率は、年収7万ユーロ(756万円)以上の所得を対象とした41%。

100万ユーロって、1ユーロ=108円くらいなので1億800万円。
ここから75%課税されたら2700万円くらいしか残らない。

オランド氏は、
「フランスを正常な状態にするために増税を受け入れることはわかりやすい愛国心だ。」
「大企業社長の平均年収は200万ユーロ(2億1600万円)」
と語っている。

これに対してサルコジ氏は、
「単なる素人の思いつき。懸念すべきアマチュアリズム」
と語っている
サルコジ氏は、各所得層に広く負担を求める付加価値税(消費税)を現行の19.6%から21.2%に上げる方針。

第1回投票の支持率は
オランド氏:31.5%
サルコジ氏:27%

争点はほかにも色々ありますが、
オランド氏は、金融関係に厳しい政策をする方のようですね。
・投資と雇用のために有益な銀行活動と投機活動を分離
・フランスの銀行はタックスヘイブンで営業禁止
・銀行利益への課税を15%増税
・金融取引への課税と欧州の公的評価機関の創設
などなど。

世界的に先進国は増税ブームですね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。