ドル紙幣に印刷されている異なるアルファベットの意味は?

アメリカでは、連邦準備理事会と12地区に分割された連邦準備銀行によって構成される『連邦準備制度』というものがあります。
現在はドル紙幣は、この全米を12に分けられた連邦準備銀行が発行しています。
発行する準備銀行によってドル紙幣に印刷されているアルファベットが異なります。
(以下の画像のように)

ドル紙幣 アルファベット

印刷されているアルファベットは()内
第1地区 ボストン連邦準備銀行(A)
第2地区 ニューヨーク連邦準備銀行(B)
第3地区 フィラデルフィア連邦準備銀行(C)
第4地区 クリーブランド連邦準備銀行(D)
第5地区 リッチモンド連邦準備銀行(E)
第6地区 アトランタ連邦準備銀行(F)
第7地区 シカゴ連邦準備銀行(G)
第8地区 セントルイス連邦準備銀行(H)
第9地区 ミネアポリス連邦準備銀行(I)
第10地区 カンザスシティ連邦準備銀行(J)
第11地区 ダラス連邦準備銀行(K)
第12地区 サンフランシスコ連邦準備銀行(L)

ドル紙幣に印刷されているアルファベットを確認すると、どこの準備銀行で発行されている紙幣かわかります。
だからなんだということもないのですがね・・・

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。