札幌市の無駄事業「spotrights」

札幌市は、市や街のPRになる映画やドラマに補助金を出しています。
こういった事業のひとつに「さっぽろコンテンツマーケット創出事業」というヒドイ事業があります。
この事業に平成20年から1億円を超える税金を投じて短編映画作品の売買仲介サイト「spotrights」を制作しています。
1億円以上の税金が使われたにも関わらず、短編映画の売買は1度も行われたことがありません。

spotrights.jp

spotrights.jp

spotrightsでみてもらえるとわかりますが、作品を閲覧するためには年間5万円支払わなくてはいけません。
しかも、どのくらいの価格帯の作品があるのかもわからない状態です。
作品も相場もわからないのに、誰がまず年5万円ものお金を支払うのか?

このサイトを手掛けた会社は、契約の2週間前に設立された会社で、資本金100万円、社員0人の謎のペーパーカンパニー。
「さっぽろ産業振興財団」を通じて契約されているそうです。
金子やすゆきさんという札幌市議会議員が問題を取り上げ議会で追及しても、市幹部は何の責任もとらず悪びれる様子もなかったそうです。

平成23年度第2次札幌新まちづくり計画事業進行調書(PDF)
財団法人さっぽろ産業振興財団 平成23年度事業計画(PDF3ページ目)

spotrightsのサイトをみても「スポットライツ専属コーディネーター初瀬川晃さん」という方の名前と「さっぽろ産業振興財団 インタークロス・クリエイティブ・センター」くらいしか表に出ていません。
とりあえず、3年やって結果出てないのだからこれ以上「spotrights」というサイトを継続する意味ないでしょうね。

市役所の無駄遣いとそれに群がるコネのある人たちで税金が使われているのですね。
ペーパーカンパニーがすごく気になります。
本当に税金払いたくないですね~笑

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2012年 7月 13日