源泉徴収と年末調整の違い

源泉徴収とは
勤め先の会社で、予め毎月の給料から所得税を大まかの天引きして税務署に納ること。

年末調整とは
年末になって、年収が正確に決まった段階で個人個人に異なる控除を会社が計算
源泉徴収で天引きされていた金額と実際に収める金額との差額を精算すること。

実は、日本の年末調整は世界的に見てもとても珍しい仕組みです。
メリットは、確定申告をする手間がかからないようになる。
会社員は、仕事に集中できますね。
また、税務署職員数を抑えることになります。

デメリットとしては

  • 納税意識が希薄になる。
  • 政治に無関心になる。

年間いくら税金を納めているか?
と会社員に聞くと、いくら納めているかわかっていない人が多いことに気付きます。

  • 個人情報が流出

例えば、配偶者控除を受けていた人が離婚したら会社に報告しなくてはいけない。
などがあります。

アメリカの場合は、源泉徴収はしてくれますが、年末調整はなく会社員であっても個人個人で確定申告する必要があります。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。