シェールガスの経済効果

アメリカ 天然ガス 価格推移

天然ガス価格(アメリカ)の推移(月次:2007年1月~2012年2月)

ある推計では、もしシェールガス開発がなかったとしたら、天然ガスは2008年6月の価格を超えており、下手な景気刺激策よりも大きいという。
シェールガス開発で天然ガス価格が上昇しなかったおかげで受ける家計の恩恵は
全米:1,130億ドル/年
1世帯当たり:930ドル/年
ほどになるといいます。

ガスを生産する企業は価格下落で厳しい環境ですが、使用する企業は大きな追い風を受けています。
天然ガスを材料として使用する化学会社、電力会社。
それにともなって、製造業全般にもプラス。
また、シェールガス開発には必要な大量の砂利を運ぶ鉄道会社も恩恵を受けているようです。

シェールガスは経済効果だけみると、かなりプラスですね。

もし、日本でメタンハイドレートの開発が進めば、シェールガスのような経済効果を生むことが期待できそうですね。

ちなみに、シェールガスにも問題があります。
「シェールガスは地震を誘発(?)」
「土地の利権問題」
「水道水にガスや有害物質の混入(開発業者は認めていない)」
などなど。

新しい技術は経済に恩恵をもたらしますが、環境にはマイナス面も多いですね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。