東京電力 経常費 燃料費増加分の為替レートなど


04.01 東電の企業電気料金 値上げ責任者

動画25分~の話。

経常費用の内訳について

燃料費:2兆3,107億円(42%)
購入電力量:7,573億円(14%)
資本費:7,687億円(14%)
人件費:3,843億円(7%)
修繕費:2,954億円(5%)
その他費用:1兆505億円(19%)

経常費合計:5兆5669億円(見通し)
※資本費:減価償却費及び支払利息合計額
※平成23年度ベース

人件費、修繕費、その他費用の部分で合理化の推進しているとのこと。
ここで1,934億円の削減をするという(動画11分~)。
(政府が出した10年間で2兆6000億円という案がベースになっている。)

燃料費は2008年度に比べて2012年度は6,865億円分増加するという。
想定は、2008年度に合わせて計算している。
為替は、1ドル107円。
この数字は、
東京電力執行役員 鎌倉賢司さんは
「毎月、原油・為替は変わるので、計算に入れると分かりづらくなるため。」
と説明している。

東電への公的資金について

資本注入:1兆円
損害賠償:2.5兆円
合計 : 3.5兆円

経済産業省について

岸博幸さんいわく
経産省は
経済産業省設置法で
『電気の安定的かつ効率的な供給の確保に関すること』
とされていて
電気の安定的かつ効率的な供給は経済産業省の仕事でもある。
なのに東電を前面に出し、批判しているだけで自分たちの仕事をしていない。
東電に電気を安定的に供給しなさい。と言っているだけ。
経済産業大臣は、業務の改善命令を出せる。
とのことです。

この動画で、東京電力の鎌倉さんは

電気料金値上げ前の分だけ支払うことについて

かいつまんで
東電「電気料金値上げ分は支払わずに、値上げ前の料金だけを払い続けるのはすでに合意をもらったお客様もいますので公平性からお断りします。新電力のPPSなどがございますから」
質問「PPSには依頼が殺到していて無理ですよね。」
東電「契約を交渉いただいて結果を聞かせていただいてというような手順です。」
質問「再契約時は20%値上げ?」
東電「そこは新しい料金でお願いします。」
だそうです。
ちょっとちぐはぐ感のある受け答えでした。

これから出てくる、原子力損害賠償支援機構と作っている総合特別事業計画に注目ですね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。