2012年10月から環境税導入 負担額は?

環境税(地球温暖化対策税)は今年10月から、石油など二酸化炭素を出す化石燃料にかかる石油石炭税に上乗せする形で導入する。

環境税とは
電気・ガスやガソリンなどのエネルギーに課税することで二酸化炭素の排出量に応じた負担をする仕組み。

環境税を納めるのは、石油などを輸入する事業者となっているが、価格転嫁され、最終的には消費者が負担することになる。

環境税の負担額
環境省試算では、ガソリン価格や電気、ガス料金の値上げなどに転嫁されれば、1世帯あたりの負担は月額100円程度としている。
税収は、太陽光発電の普及策などにあてることになっている。

暫定税率はどうなる?
民主党マニフェストでは
「ガソリン税の暫定税率(1リットル約25円)の廃止を掲げ、その代わりとして環境税を創設」
としていたが、暫定税率はどうするのかすら話されていない。
「環境税が導入されるときには、暫定税率は廃止する。」
としていて、
「結局負担額は一緒か。。。道路財源に使われるよりいいか。」
と思っていたけど、このままでは、ただ環境税が追加されるだけになりそうです。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。