児童手当いくらもらえる?所得制限は?(2012年4月~)

2012年4月から「こども手当」から「児童手当」になりどう変わったのでしょうか?
まず、名前が変わりました。(どうでもいい・・・)

で、本題の児童手当法いくらもらえるのか?

児童手当 支給額(子供1人当たり月額)

  • 3歳未満    15,000円
  • 3歳~小学生  10,000円(第1子、第2子)・15,000円(第3子以降)
  • 中学生     10,000円

(平成24年4月分以降)

こども手当と比べて、もらえる額は変わらりません。
ただ、2012年6月から所得制限が導入されます。
所得制限は下記です。

「扶養親族等の数」:「所得制限限度額」

0人:622万円
1人:660万円
2人:698万円(年収917万8000円)
3人:736万円(年収960万円)
4人:774万円
5人:812万円

この所得は会社員の場合「給与所得控除後」の金額。
自営業者は、「事業所得額」から8万円を引き、そのほかの所得を加えた金額。

扶養親族等の数が1人増える毎に38万円を所得制限限度額に加算。
老人控除対象配偶者または老人扶養親族があるときは、1人につき6万円を加算。

受給者の所得が所得制限限度額以上の場合の手当月額は、児童の年齢に関係なく、5,000円になります。

ちなみに、この所得制限は
夫婦のどちらかが上記所得を超える場合です。
世帯の合計ではありません。
ということは、夫が1000万円収入で所得制限が引っ掛かる場合はあります。
が、夫婦それぞれ、500万円ずつ稼いできても所得制限は関係なく満額もらえます。
なぜ、このようなことになったかというと、厚労省 子ども手当管理室はこう答えたそうです。
「3党合意で決まった内容で是正措置を法案に反映させる実務的な時間もなかった。」
時間がなかったから。かぁ・・・
なんだか理由が残念でなりません。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。