2011年度 国会議員の所得ランキング

先日、国会議員のボーナスについて書きましたが。
今回は、国会議員の所得です。

議員の歳費は2011年4月からの半年間、月額50万円削減したため、1人当たりの平均所得は前年より175万円少ない2003万円。
公開が始まった1992年分以降、最低となった。
所得の減少は4年連続。
給与所得控除後の議員歳費は1546万円。
平均所得は、衆院が2007万円・参院は1996万円。
とはいえ、日本の国会議員の年収は、世界最高水準にある。

2011年度 国会議員所得ランキング

  1. 自民党 麻生太郎元首相:4億3137万円(2年連続1位)
    資産売却などによるもので事務局は「詳細は明かせない」と話す。
  2. 無所属 鳩山邦夫元総務相:2億5543万円
  3. みんなの党 中西健治参院議員:2億4897万円
  4. 自民党 佐藤ゆかり参院議員:9371万円

2011年度 政党別平均額 所得ランキング

  1. みんなの党:3218万円
  2. 新党きづな:2648万円
  3. 新党大地・真民主:2313万円
  4. 自民党:2156万円
  5. 民主党:1850万円

現金贈与などでは、親族からの贈与を受けた分として

  1. 鳩山由紀夫元首相:41億9358万円
  2. 鳩山元総務相:41億6911万円

鳩山兄弟恐るべし。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2012年 7月 29日