生命保険の種類

  1. 死亡保障の保険
  2. 医療保障の保険
  3. 貯蓄を兼ねた保険

死亡保障の保険とは

被保険者が死亡・高度障害時に保険金が支払われる保険です。

医療保障の保険とは

被保険者が病気や怪我で医療費がかかる場合などに給付金や保険金が支払われる保険です。

貯蓄を兼ねた保険とは

保険期間中は保障があり、一定の年齢や保険料払込後に最初に契約したお金が受け取れる保険です。

「保険に加入した人」のことを「被保険者」といいます。

死亡保障の保険・医療保障の保険・貯蓄を兼ねた保険はさらに保険の種類が分かれます。
たくさんありすぎますね。
ですが、選択肢が多いとも考えれますね。
保険の知識を身につければ、自分に適した保険を組み合わせて無駄なお金を払わないようにできる可能性が高くなります。

保険は、人生の中でマイホームの次に高い買い物です。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 8月 29日