スペイン預金流出 7月単月で740億ユーロ

銀行の不良債権問題が深刻化しているスペイン。
2012年7月末時点で民間部門(企業と家計)の銀行預金残高が前月から740億ユーロ(約7兆3000億円)も減少。
残りは1兆5090億ユーロとなった。
預金残高が4.7%も減少したのは異例のこと。
(欧州中央銀行ECB 8月28日発表)

スペインのGDPの約7%にもなる金額だ。
預金流出は今後も止まりそうにない。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。