水関連市場規模と水メジャーの売上高と給水人口

水関連の市場規模は2005年には60兆円。
(2025年には100兆円規模に上るといわれています。)
60兆円のうち
水道局がやっているような水道関連は50兆円規模。

この分野には、水ビジネスに水メジャーと呼ばれる民間会社がある。
日本の水道局と同じようなことを民間会社が行っている。
水メジャーには以下のような会社がある。

  1. フランス スエズ 売上高 1兆9,000億円 給水人口 1億2,000万人
  2. フランス ヴェオリア 売上高 1兆6,000億円 給水人口 1億3,900万人
  3. イギリス テムズウォーター 売上高 6,000億円 給水人口 7,000万人

(GWJ資料 2008)

このほかに、

  • 「水処理関連装置」の市場規模は、4,830億円。
  • 「機能水生成装置」の市場規模は、1,256億円
  • 「水関連サービス」の市場規模は、1,425億円
  • 「機能性膜」の市場規模は、1,197億円(逆浸透膜など)

など、水と言っても様々。

普通に暮らしているだけでは気付きにくいですが、大きな市場が拡がっているのですね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。