電子メール式レシートが普及!?

アメリカでは、レシートや領収書を紙で渡さずに電子メールで送る小売店や銀行が増えているそうです。
百貨店のメイシーズは、2012年8月から電子メール式レシートを導入。
すでに決済の12%はメールだという。
他には、家電量販店のベストバイやスーパーのコールフーズ、銀行のシティバンクなどが導入しています。
ある調査では、3900の小売店の35%がメール式レシートを採用している。
と答えています。

顧客は紙のレシートかメール式レシートかを選ぶことができます。

紙を使わずに環境にやさしいだけではなく、店側のメリットは、顧客の電子メールアドレスの取得ができ、直接サービスを働きかけることができる点もあります。

こういった動きは、最近私も身近に感じています。
レシートではないのですが、
クレジットカード会社から毎月、
「紙の明細書を止めてネット上で確認できるようにしませんか。」
という案内が送られてきます。
私は、いちいちネット上で確認するのが面倒だし、紙で持っていたいという人なのですが、きっといつかはその感覚も変わるのでしょうね。

ads:



    • theoryxyz
    • 2013年 3月 12日

    上記の情報ソースを教えていただけませんでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

      • admin
      • 2013年 3月 13日

      theoryxyzさん

      これは、モーニングビジネスサテライトでアメリカの新聞(何紙かは忘れてしまいました・・・)記事を紹介していたものです。

  1. トラックバックはまだありません。