貯蓄を兼ねた保険の種類

貯蓄を兼ねた保険は、保険期間中は保障があり、一定の年齢や保険料払込後に最初に契約したお金が受け取れる保険です。

将来必要になる教育費や老後資金などを貯めるのに適した保険が多くあります。

主な種類としては

養老保険

保険期間が決まっていて、期間中に死亡すると死亡保険金が受け取れます。
保障期間終了まで何事もなかった場合、満期金が受け取れます。
死亡しても、生きて満期を迎えてもまとまったお金が入るというのが、養老保険の特徴です。

個人年金保険

契約時に定めた年齢から年金が受け取れます。
年金受け取り前に死亡すると、死亡給付金が受け取れます。

学資保険

子供の入学や進学に合わせて一定の金額が受け取れます。
契約者死亡後は行こうの保険料が免除されます。


  1. 死亡保障の保険
  2. 医療保障の保険
  3. 貯蓄を兼ねた保険

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。