アメリカの農地価格は値上がり傾向

アメリカの農地価格推移

アメリカでは、干ばつなどの異常気象があっても農地価格は値上がりし続けているそうです。
背景に穀物価格の上昇やFRBの金融緩和で資金が農地に流入していることなどがあるようです。
また、海外からの資金流入もあるとみられています。
(アメリカでは外国人による農地の売買には安全保障上の問題を除いて、厳しい規制はありません。)
農地の価格が上昇することで農家の経営は安定していきます。
しかし、農家経営が安定すれば、無理に穀物の増産などは望めなくなります。
すでに2012年の異常気象や世界的な食糧需要の高まりによって食糧価格の上昇が見込まれています。

世界的に食糧価格が上昇していくであろう中、日本円はついに1ドル95円に突入しました。
円安によって食糧の輸入はさらに、値上がりしてしまいます。
4月から輸入小麦の政府売渡価格が平均9.7%値上がり、食用油やガソリン、電気料金など値上げが相次いでいきます。
去年もこのくらいの時期に「値上がり相次ぐ」的なニュースよくやっていましたね。
今年はさらに、復興税やら住民税、年金に、生命保険料(予定利率の改訂で2013年4月から値上がり)や地震保険料、自動車の自賠責保険などの値上げも相次ぎますね。
異常気象なんかで、さらにいろいろなモノの値上がりもありえそうなので、ある程度ムードに流されずに生きたいですね。

なんやかんやで話がすごく逸れてしまいましたが。。。
今日はこの辺で。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。