ユニチャーム 妊娠・出産予定のある女性の入社資格を最長30歳まで継続

 ユニ・チャームは27日、妊娠や出産予定がある新卒の女性社員の入社時期について、最長30歳まで延期できる制度を導入すると発表した。来年4月入社の新卒採用から適用する。育児を20歳代に済ませ30歳代でキャリアアップに専念したい女性社員や、妊娠や出産予定があるため志望を断念したり不安を感じている就職活動中の女性に対応する。

同制度「Fresh-Mom Recruitement」の対象者は、同社の新卒採用の入社試験に合格し、入社前に妊娠や出産の予定がある女性。新卒3年以内の人が自己申告をすれば、入社資格(内定)を30歳になる(29歳の12月末)まで保有することができる。3月から始まる企業説明会や同社ホームページなどで同制度を告知していく。担当者は「本人の入社のタイミングを決められ、色々な人生設計を組み立てられるメリットがある」とアピールしている。

同社によると、15年度入社の新卒採用予定は約60人で、例年約3分の1が女性という。

産経新聞 2014年2月27日(木)

公式サイトニュースリリース:女性採用の新しい取り組み 「Fresh-Mom Recruitement」を導入 | ユニチャーム

妊娠・出産は人生において、とても大きなこと。
いろいろな選択肢が増えることは、社会にとっても良いことですね!
また、このような取り組みが、ほかの会社や業種に拡がっていけば明るい社会になっていくんじゃないでしょうか。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。