オランダと日本の働き方の違い!

オランダでは、働き方を選べるシステムが発達しているようです。
失業率が高止まりしている日本も、学べるところがありそうです。

週休3日、4日のパートタイムも普通。
警官の2/3がパートタイム。学校の先生も、パートタイムで1週間2交代で担任をするそうです。

1980年代には12%以上あった失業率が、2009年には失業率が2%ほどのようです。
時給は雇用形態によって左右されない仕組みで、フルタイム・パートタイム・派遣の違いは、働く時間数だけ!
けど、派遣切りもあるそうで、日本とあまり変わらない!?

オランダは仕事を見つけるのは『派遣業者の仕事』!
そして、失業保険などのセーフティーネットも充実していて、失業保険は収入の70%
(日本は年齢などによって上限があります。だいたい2/3程度。)
失業保険の期間も最低3年間保障されるといいます。
日本は最低3ヶ月の失業保険を受給。多くの場合は、待機期間も3ヶ月あります。

オランダのワークシェアリング(YouTube)

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。