保険の基本「遺族年金」

公的年金に加入していると遺族年金が支給されます。
遺族年金は、死亡したときに残された妻や子に支払われる年金です。

遺族年金には、

という種類があります。

あなたがどの公的年金に加入しているかによって、遺族年金の支給額が違います。
なので、生命保険に加入する前に、万が一があった場合、どのくらいの遺族年金が支給されるのか?把握しておきましょう。
そうすれば、無駄なく必要な分だけ保険に加入することができますね。

死亡保障の保険は、残される家族が生活に困らないだけの金額=必要保障額を考えて加入するのが基本です。
子供がいる場合、教育費も含めて必要保障額を考えておきましょう。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 9月 3日