遺族厚生年金とは

遺族厚生年金とは

厚生年金に加入している会社員等が亡くなった場合、その遺族に対して、遺族基礎年金に上乗せして支給されるものです。

遺族厚生年金の支給額

年金額は報酬比例部分(老齢厚生年金)の4分の3
報酬比例部分は個人により異なります。それぞれ人によって違います。
厚生年金の加入月数と給与の平均により、金額が異なるため年金額も違います。

遺族厚生年金の受給条件

  1. 厚生年金に加入している間に死亡した時や病気やケガで初診より5年以内に死亡した場合
  2. 1級障害、2級生涯厚生年金を受けている人が死んだ場合
  3. 3級の障害年金を受けている人が、3級の同一病名で死亡した場合
  4. 老齢厚生年金を受けている人や受給資格のある人が死亡した場合

※「遺族」とは、死亡した厚生年金加入者と一緒に生活をしていた家族をさします。

遺族厚生年金が支給される優先順位

  1. 配偶者(妻、18歳未満の子ども(障害ありの場合は20歳未満)配偶者(夫)は55歳以上。
  2. 55歳以上の父母
  3. 孫(障害ありの場合は20歳未満)
  4. 55歳以上の祖父母

保険の基本「遺族年金」

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 9月 5日
  2. 2010年 9月 5日