ミクロ経済学とは

ミクロ経済学経済主体の最小単位と定義する家計(消費者)、企業(生産者)、それらが経済的な取引を行う市場をその分析対象とし、世の中に存在する希少な資源の配分について研究する経済学の研究領域であり、最小単位の経済主体の行動を扱うためミクロ経済学と呼ばれます。

ミクロは、非常に小さいこと。微視的であること。
ミクロ経済学は個々の家計や企業(あるいは産業)のレベルで考える学問です。
モノの価格がどう決まるかを説明するのが基本となります。

家計や企業などを小さく分けて考えていき、経済を分析していきます。
家計は一般消費者や個人のことです。

マクロ経済学と分析の対象が異なりますが、お互いに密接に関連しています。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 9月 18日