遺族共済年金とは

遺族共済年金とは

共済年金に加入している公務員が亡くなった場合退職共済年金を受けている人が死亡した場合などに、遺族に支払われる年金です。
遺族基礎年金に上乗せして支給されます。
遺族共済年金には共済独自の職域加算額が加算されます。
共済年金は公務員が加入する年金です。

遺族共済年金の受給条件

受けられる条件などは遺族厚生年金と同じです。

  1. 共済年金に加入している間に死亡した時や病気やケガで初診より5年以内に死亡した場合
  2. 1級障害、2級生涯厚生年金を受けている人が死んだ場合
  3. 3級の障害年金を受けている人が、3級の同一病名で死亡した場合
  4. 老齢共済年金を受けている人や受給資格のある人が死亡した場合

遺族共済年金支給額目安

退職年金を受給している者が死亡した場合
退職年金の額×概ね6割程度

特例による退職共済年金(部分支給)を受給している者が死亡した場合
退職共済年金の額×3/4

特例による退職共済年金(全額支給)を受給している者が死亡した場合
退職共済年金の額×概ね6割程度

65歳からの退職共済年金を受給している者が死亡した場合
退職共済年金の額×3/4


保険の基本「遺族年金」

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 9月 5日
  2. 2010年 9月 5日