ミクロ経済学「弾力性」

弾力性とは、市場の状態の変化に対して売り手や買い手がどれくらい反応するかを測る尺度です。
「需要の価格弾力性」とか「投資の利子率弾力性」という使われ方をします。
いきなり弾力性言われても・・・
って感じですね。

とりあえず「弾力性」という言葉だけを考えてみると、
「弾力性がある」というのは、「大きくなったり小さくなったりする」ということ。
反対に「弾力性がない」というのは「大きさが変わらない」ということ。
「弾力性がないひも」は「伸びたり縮んだりしない」ですね。

弾力性とは、何かが変動したときにもう一方が変動するその比率のことです。

需要の価格弾力性とは

ある商品の価格が上昇したときに、需要がどれだけ減少するか?
ある商品の価格が下落したときに、需要がどれだけ増加するか?
を示します。

需要の価格弾力性=需要量の変化(%)÷価格の変化(%)

で求めることができます。

弾力性の絶対値が1を越えると弾力的、1を下回ると非弾力的といいます。

弾力性が高い商品は、贅沢品。
弾力性が低い商品は、生活必需品です。

贅沢品は、価格が高くて買えないと思えば、欲しいけど買わない人もいます。
価格が下がってくれば、「この価格なら買おう!」という人が増えてくるので、弾力性が高くなりやすいです。

生活必需品は、価格が高くても買わなくてはいけないものなので、価格が高くても買わざる得ません。
なので、価格が高くても需要はあまり減りません。
逆に価格が下がっても、必要な分あれば良いので、需要があまり増えません。
なので、弾力性が低くなります。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。