自転車の事故と保険

自転車の事故が増えているそうです。

歩行者と自転車の事故で歩行者が死亡させてしまい、民事訴訟で賠償金5400万円。
また、自転車の事故で歩行者を骨折させてしまい、長期入院を余議なくさせたなどの理由で賠償金600万円。
というケースがあるそうです。
年配の歩行者とスピードを出している自転車の衝突事故が多いみたいです。

しかし、歩行者と自転車の事故で、加害者側が保険に未加入だったため、被害者側が勝訴しても賠償を受けられないケースがあるようです。
自転車の事故だから、それほど大きなものにならないような印象がありますが、被害者を骨折や死に至らしめてしまう場合もあります。

自転車の保険は、単体で保険会社から販売されていましたが、
人度が低く、加入者が少ないため自転車の保険単体では保険会社で販売を中止しているようです。
しかし、自動車保険や火災保険の特約でつけることができます。
保険金額1億円の契約でも年間保険料は2,000円程度だそうです。

また、TSマークというのもあります。
TSマークは、自転車安全整備士が自転車を点検、整備してもらい、自転車の安全が確認されると貼ってもらえるマークです。(1年間有効)
自転車にTSマークのシールが貼られ、傷害保険及び個人賠償責任保険が付加されるというものです。

傷害保険・個人賠償責任保険とは

傷害保険と個人賠償責任保険
傷害保険 自分のケガの補償
個人賠償責任保険 相手のケガや、他人の財物に損害を与えた場合の補償

TSマークには、2種類あり、傷害保険個人賠償責任保険の内容が違います。

第1種TSマーク

傷害保険 損害賠償保険
入院加療15日以上
[一律]1万円
死亡または重度障害
(1~7級)
[限度額]2000万円
死亡または重度障害
(1~4級)
[一律]30万円

第2種TSマーク

傷害保険 損害賠償保険
入院加療15日以上
[一律]10万円
死亡または重度障害
(1~7級)
[限度額]2000万円
死亡または重度障害
(1~4級)
[一律]100万円

TSマークを取得するための料金は、
新車は500円~
今使っている自転車でも、部品の交換がなければ1,000円~2,000円程度で取得できます。

自転車を使う機会の多い方は、自転車の保険を考えてみるのもよいかもしれませんね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2012年 4月 17日