ミクロ経済学「効用と効用関数」

経済学の効用は、個人の満足度のことをいいます。
普段、自分の持っているお金で最大限満足するような買い物ができるように考えますよね。
あの服とこの服どっち買おうかな~とかね。

効用関数とは、財の組み合わせとそれによって得られる効用との関係を表す関数の事です。

効用を数値化できるかについては二つの考え方があります。

  1. 数値化できる効用の事を基数的効用といいます。
  2. 効用は数値が出来ずある効用が別の効用より大きいか小さいかしか分からない効用を序数的効用といいいます。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。