ミクロ経済学「無差別曲線」

無差別曲線とは同じ効用が得られる財の組み合わせを結んだ曲線。
仮に、AとBというモノがあるとすると、「無差別」は、AもBも同じ(どっちでもいい)ってことです。

無差別曲線は、下記のような曲線です。

ミクロ経済学 無差別曲線

無差別曲線(Wikipedia)

例えば、横軸x1はソーセージ。
縦軸x2はビールとしましょう。
ソーセージとビールは無差別だとします。
(ソーセージ,ビール)=(4,3)

さらに、画像の無差別曲線で一番下の青い線が、仮に効用(満足度)が40点だとします。
この40点の効用を維持しつつ、ソーセージとビールの量を変えていくと、無差別曲線を描くことができます。
ソーセージとビールの組み合わせは、無差別ですから、無差別曲線というだけの話です。

上から二番目の無差別曲線の効用は80点とすると、
効用が80点の無差別曲線は、効用が40点の無差別曲線に比べると、ソーセージとビールの全体量が変わります。
[効用40点](ソーセージ,ビール)=(4,3)
[効用80点](ソーセージ,ビール)=(8,6)
当たり前ですが、効用(満足度)が高い方が、ソーセージとビールの全体的に量が多いですね。

無差別曲線の性質

無差別曲線の性質といっても見たままのことばかりです。

  1. 無差別曲線同士は交わらない。
  2. 右下がり
  3. 原点に向かって凸

1.無差別曲線同士は交わらない。

効用40点と効用80点の無差別曲線は交わってませんね。
もし交わってしまったら、そのポイントのソーセージとビールの量が変わらないのに、効用40点であり、80点でもある。
ということになってしまいます。

2.右下がり

もし、ソーセージ(x1)が1本減ったなら、効用を同じにするためには、ビール(x2)の量を増やす必要があります。
それを繰り返していくと、右下がりになりますね。

3.原点に向かって凸

これは、「限界代替率」が関わってきます。
限界代替率は、2つの財(今回の場合、ソーセージとビール)を想定した時の主観的交換比率のことです。
限界代替率が逓減するため、原点に向かって凸になります。


どうでもいいですが、この食べ物の組み合わせは、ドイツ人チックですね。
飲みたくなってきます。(本当にどうでもいいですね・・・)

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 9月 18日
  2. 2010年 9月 24日