働く『雇用保険は何に使える?』

雇用保険は、労働保険のひとつで、失業したときなどに労働者の生活や雇用を安定させるための保険です。
保険料は、会社と労働者の両方で負担します。

この保険に加入していると、何になるのかというと、
一定の条件を満たしていれば、「失業給付金」がもらえます。
他にも、「仕事を継続することが難しくなったとき(例えば、育児休暇・介護休業を取得する時)」の給付があります。

パート・アルバイトでも、一週間の労働時間が20時間以上で31日以上継続して働くことが見込まれる場合、雇用保険に加入できます。
この条件は、2010年4月に改定されました。
以前は、「6ヶ月以上継続して働くことが見込まれる場合」でした。
新たに255万人が対象になったそうです。
対象者が増えたので、保険料率も上がりました。

一般の事業所:今までは11/1000だったのが、15.5/1000となりました。
被保険者(労働者側)は4/1000→6/1000です。
2010年4月に改定については、厚生労働省

私個人の思いですが、保険と考えると、大した額ではないです。
(私の場合、数千円でしたしね。。。ましてや給付受けましたし。)

失業給付はいくらもらえるのか?
基本的に、退職前6カ月間の平均賃金の50~80%が90日~330日間支払われます。
平均賃金は、退職前6カ月の合計賃金÷180日で求めることができます。ちなみに、計算の基となる合計賃金には、通勤代と残業代も含まれます。

失業給付をもらえる条件
失業する直前の2年間に合計12カ月以上雇用保険に加入していることですが、倒産や解雇の場合には、1年間に合計6カ月以上雇用保険に加入していれば失業給付をもらうことができます。しかし、会社を辞めれば誰でももらえるわけではありません。再就職への意思と能力があることが前提となります。

また、私も以前お世話になりましたが、
雇用能力開発機構で、勉強しながら失業給付を受け取ることができます。
学科によって作業着などのお金がかかる場合がありますが、授業料は無料です。
他にも、同じ条件で専門学校などが開催している職業訓練を受講しながら失業給付を受け取ることができます。

この場合、当初の失業給付支給期間が終わっていても職業訓練の終了まで失業給付を受け取ることができます。
(職業訓練開始時、失業給付支給期間が1日でも残っていれば、職業訓練終了まで受け取れます。)

何はともあれ、何かあったときの保険です。
加入することができるなら、加入しておいたほうが助かることがあるかもしれませんね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。