ミクロ経済学「限界効用」

限界効用とは、財(モノ、およびサービス)を1単位追加して消費することによる効用(財から得られるメリット)の増加分のこと。
ビールを1個もらうと効用(満足度)がどのくらい上がるか?ということ。

限界代替率= 第1財の限界効用 ÷ 第2財の限界効用
限界代替率とは

交換比率が、「ビール1個とソーセージの2個が同じ」
なら、
ビール1個とソーセージの2個の限界効用は同じということです。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。