ミクロ経済学「無差別曲線と予算制約線」

ミクロ経済学 無差別曲線

無差別曲線と予算制約線(Wikipedia)


青線が無差別曲線
赤線が予算制約線

予算制約線が無差別曲線と接する点で、消費者の効用(満足度)が最大化されます。

予算制約線の式
p1 x1 + p2 x2 ≦ W

第1財・第2財:X1,X2
第1財・第2財の価格:P1,P2
所得:W

左辺:支出
右辺:収入

自分の収入Wが決まって、財の価格(P1.p2)が決まっていれば、予算制約線がかけます。
収入が変われば、予算制約線に接する無差別曲線が変わりますので、財の購入量が変わります。
財の価格が変われば、同様に予算制約線に接する無差別曲線が変わりますので、財の購入量が変わりますね。

収入が増えると、予算制約線は上にシフトします。
逆に収入が減ると、予算制約線は下にシフトします。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。