ミクロ経済学「ギッフェン財」

ギッフェン財とは、価格の下落に伴って、需要が減少する財のこと。
または、価格の上昇に伴って、需要が増加する財のこと。
イギリスの経済学者、ロバート・ギッフェンが発見したので、「ギッフェン財」といいます。

普通に考えたら、
商品の価格が安くなれば、消費量も増えるように思いますが、
価格が安くなったからといって、消費量が増えるということではない。
ということもある。ということです。くどいな・・・

例えば、
カップラーメン100円
ステーキ1500円
1か月の食費1万円。
1日1食しか食べない。
という条件で考えてみると、

1ヶ月のうち25日はカップラーメンで過ごし、5日はステーキを食べるとちょうど1万円になります。
1500円×5日+100円×25日=1万円

そこで、カップラーメンが100円だったのが、250円になったらどうなるでしょうか?
カップラーメンが値上がりしてしまった分余裕がなくなるので、カップラーメンを多く食べなくてはいけなくなります。
1500円×2日+250円×28日=1万円

カップラーメンは値上がりしたのに、消費量も増えることになりました。

実際に、これと同じようなことが、19世紀にアイルランド飢饉で起こりました。
ジャガイモの価格が上昇するし、ジャガイモよりも高い食品を購入する余裕が無くなってしまい、ジャガイモを購入せざるを得なくなりました。
上記のカップラーメンの値上がりと同じことが起こったのです。

しかし、現代社会で、カップラーメンかステーキの2択しかないのはありえないので、ギッフェン財と定義される財は存在しません。

ads:



    • のの
    • 2010年 12月 2日

    今までみたギッフェン財の説明で一番分かりやすかったです~。どうも~。
    予算制約を設定すると分かりやすいことに気づきました。