働く『労働条件の明示』

労働基準法では、「使用者(会社側)が労働者を雇うときには、労働条件を明示しなければならない。」と定められています。
働き始める前には、労働条件を確認しあう機会を設けられます。
賃金・労働時間などについては文書での交付が必要とされています。

求人広告の内容を鵜呑みにせず、あとで聞いていなかった条件がないように充分確認しましょう。
求人雑誌にでている求人は、文字数制限などがあるので、書かれていない条件もあるかもしれません。
トラブルを避ける意味でも、ボイスレコーダーなどを活用するのも良いかもしれません。
あとで、言った言わないの水かけ論を避けることもできますしね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。