働く『国民年金・厚生年金・共済年金ってどんなもの?』

年金は、長生きしてしまったときの保険。
思いのほか長生きしたけど、収入がない!
という人たちのためにみんなでお金を出し合っています。

「年金」は、20歳以上60歳未満の全国民に加入義務があります。
保険料は、「保険料=保険料水準×改定率」で「国民年金」の場合、2010年は月額15100円です。
加入者が年老いた場合や病気や事故で障害が残った場合、一家の働き手が亡くなった場合などに保険給付(年金)を行い、加入者や遺族の生活を維持・安定させるための制度です。

「厚生年金」は、国民年金に上乗せ分が加わった公的年金が「厚生年金保険」や「共済年金」で民間企業の会社員や公務員などがこの保険の対象となります。
会社員は、厚生年金保険と国民年金。
公務員は、共済年金と国民年金。
2つの公的年金に同時加入することになります。

パート・アルバイトでも正社員と比較して、労働時間・労働日数が4分の3以上であれば原則として加入資格があります。

国民年金保険料の計算方法

保険料=保険料水準×改定率

国民年金保険料推移
計画の
月額保険水準
実際の
月額保険金額
実際の
引き上げ幅
平成17年度
2005年
1万3580円 1万3580円 280円
平成18年度
2006年
1万3860円 1万3860円 280円
平成19年度
2007年
1万4140円 1万4100円 240円
平成20年度
2008年
1万4420円 1万4410円 310円
平成21年度
2009年
1万4700円 1万4660円 250円
平成22年度
2010年
1万4980円 1万5100円 440円

毎年、国民年金保険料は高くなっている。

詳しくは市区町村・社会保険事務所へ。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 8月 17日
  2. 2010年 8月 17日