ミクロ経済学「パレート効率性(最適性)」

パレート効率性とは、資源分配の概念です。
資源配分するとき、誰かの効用(満足度)を犠牲にしなければ他の誰かの効用を高めることができない状態のこと。
言い換えると、もうそれ以上改善できない最適な分配がされた状態です。

例えば、
生産物AとBをつくる。
生産物Aには、素材2個必要で、生産物Bには素材4個必要。
素材は10個しかない。

このときのパレート効率性の組み合わせは
A:B = 5:0
A:B = 3:1
A:B = 1:2

それ以外は、素材が余るのでパレート効率的ではありません。

ちなみに、パレート「最適」は意味が強すぎるとして、「効率性」という言葉が好まれているようです。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 9月 24日