TPPに参加すると実質GDPが増える?減る?

最近連日でTPPについての話題が多く聞きますね。
(TPP→環太平洋パートナーシップ協定)

「TPPに参加すれば、日本の農業に大打撃を受けかねない!」
と言います。

しかし、経団連は
「(TPPの参加)この機会を逃せば、わが国は世界の成長と繁栄から取り残されかねない」

経団連の米倉弘昌会長は
「(菅政権が)国を開く姿勢を明確に打ち出してほしい」
という発言をしている。

TPPに参加すれば、日本の実質GDPはどのくらい増える?減るのでしょうか?

政府と農水省が実質GDPに与える影響を発表しています。

政府は、2兆4,000億円~3兆2,000億円増える。
農水省は、8兆円減る。

と試算しています。

政府と農水省が発表した数字は、10兆円以上離れています。
誤差の範囲ではないですね。

これでわかるのは、
立場によって、強調したい数字が違う。
結局、都合の良い数字を出してきているだけ。

ということです。

政府と農水省の数字がどちらが信用できそうか?
というのはまったくわかりません。

判断材料があまりになさすぎます。
詳しく内訳も発表してくれないと計算しないで言っててもわかりません。

農水省が発表する数字は、食料自給率でカロリーベースばかりを強調したりしたことを考えると、都合の良い数字を出して、一般人を誘導しようとしているのではないかと疑ってしまいます。

どうなってしまうのか?
このTPPに参加するのか、しないのか?
は、大きな分岐点だと思います。

ちなみに、北海道は、TPPに参加することで、北海道だけで経済損失、2兆円と試算しています。
また17万人雇用失うとしています。
大袈裟すぎるように思えますけど。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。