円高が歯止めかからず。米ドル81円台突入。

円高が止まりません。
10月8日ついに米ドル81円台に突入しました。
アメリカの雇用統計が予想よりも悪かったことで一気にドル売り円買いが進みました。
81円台に突入するのは1995年春以来、15年振り。

9月15日に、6年振りの為替介入がありました。
為替介入の影響で82円後半から85円台まで円安になりましたが、1ヶ月も持たずに再び15年振りの円高を更新。
為替介入額は、2兆円規模でした。
海外では、批判的な意見が多くみられます。

本日からのG7で、
野田財務相「為替相場の過度な変動を抑制するためのもの」と説明すると述べ、
また、「大規模に長期間にわたって一定の水準を目指すという性格とは違う」と述べた。

為替介入だけでなく、日銀は追加金融緩和政策を打ち出していますが、円高に歯止めがかかりません。

このような急激な円高は日本経済に悪い影響を及ぼしています。
帝国データバンクが10月8日発表した円高関連倒産(法的整理のみ、負債1000万円以上)に関する調査では、今年1~9月の倒産件数は前年同期比14.8%増の31件となりました。
「このままの円高が続けば、輸出企業の倒産が続発する。」と予想。
2009年1年間の実績(35件)を近く上回る可能性が大きい。

日本経団連の米倉会長は、
為替市場で1ドル82円台前半まで円高が進んだことについて
これは相当の衝撃だと思います。円高をできるだけ早期に収束させていただきたいなと思います。これ以上続くと大きな問題になる」
「さらに円高が進めば、海外に逃げ出す企業がかなりの数に上り産業の空洞化が起きる」だと述べました。

どうなってるの?この島は。
日本は貧乏くじばかり引かされている気がします。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。