ドル円は81円台定着??想定為替レートとの差が大きい

米ドルはすっかり81円台に。
81円後半と82円前半を行ったり来たり。
海外旅行に行くなら今かもしれませんが。。。
この調子では日本の景気も戻りませんね。

9月日銀短観調査全容によると、
自動車や電機機械(大企業ベース)の2010年度下期の想定為替レートは89円前半。
前回調査よりも円高方向に。

2010年度下期の各業種想定為替レート

自動車:89.11円(89.96円)
電 機:89.18円(89.93円)
生産用機械:88.69円(90.29円)
業務用機械:87.93円(89.04円)

鉄鋼:90.02円(89.85円)
()内は6月時点での想定為替レート

鉄鋼は業況の改善が続いているからか、円安方向にシフトしている。

現在の米ドル81円、82円が続くか、もしくはさらに円高方向に進むようなことがあれば、企業の想定為替レートと差が大きくなってしまう。
そうなれば、業績の悪化がさらに大きくなり、日本企業が海外移転を本格的に進めてしまう。
日本の産業空洞化は現実のものとなる日は近いのかもしれない。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. 2010年 10月 15日