米ドル80円台へ。アジア通貨全面高

ドル円は81円台定着??想定為替レートとの差が大きいのエントリーから2日。
本日、米ドルが80円台をつけました。
1995年4月以来、15年半振りの高値となります。

史上最高値は1995年4月19日につけた1ドル79.75円です。
ついに、あと1円というところまで迫りました。

日本だけが通貨高になっているわけではなく、アジア通貨全体で通貨高になっています。

今、アメリカで金融緩和策が次々と追加され、さらに金融緩和策が打ち出される。という期待感から投資マネーが市場にあふれています。
先進国であふれた投資マネーは新興国へ大量に流入する。
という流れができているようです。
そのため、ドルは全面安になり、アジア全体で通貨高になっています。

シンガポールドルは、対米ドルで史上最高値をつけました。

人民元は、1ドル6.6504元。
2005年7月の人民元切り上げ後の最高値です。

オーストラリアドルは、1ドル=0.9992オーストラリアドル。
83年12月に変動相場制導入以来の最高値です。

アジアの通貨全体の問題になっており、日本だけ、為替介入しても効果は薄い。
と、為替警戒感は乏しいようです。
いつまでこの円高が続くのでしょうか。

11月には、アメリカのFRBが追加で大きな金融緩和に動き出す。
という観測が強いようです。
さらに、ドルが市場にあふれ出し、ドル安にしていこう。というのです。

韓国では、11月に開かれるG20の議長国となっていうため、大胆な金融緩和策を打ち出しにくい状況。
この状況を投資家に見抜かれ、あふれた資金が低金利のドルを売って、ウォンを買う「ドルキャリートレード」が盛んになっている。

リーマンショック以降、金融の問題が大規模化しているような気がします。
このまま目先の経済対策が続けられると、何か大きな落とし穴が待ち受けている気がします。

G20でもG7でも、経済対策や金融緩和策に対する具体的なルールが作られなければ、何かが起こりかねない。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。