禁煙外来の料金・費用

今月、たばこの大幅値上げが行われましたね。
喫煙者の皆様、いかがお過ごしでしょうか?
以前、自力で禁煙にチャレンジしたものの断念してしまったので、現在、禁煙外来で禁煙にチャレンジしています。
ようやく2週間が経ちました。

会社の同僚に、
「禁煙外来っていくらかかる?5万円くらい??」
と聞かれました。
意外に高いと思っている人が多いのでしょうか。

健康保険が使えるので、自己負担は3割で禁煙外来に通うことができます。
なので、禁煙外来(全5回の通院)は高くても2万円程度です。
(病院によって多少、禁煙外来の料金は変わります。)

毎日400円台のたばこを購入することを考えると、安いものです。
1日1箱(410円)を1ヶ月(30日)続けると、1万2300円。
保険を使えば、2ヶ月かからずに回収できます。

禁煙外来は、約3ヶ月続きます。
初回4,000円程度。
2回目の診察は4,000円を少し切るくらいです。
禁煙外来でかかる費用は毎回、たばこを買わなければ捻出できる程度の金額です。

この機会に、禁煙にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

以下は、禁煙外来でかかる料金・費用の一例です。

  貼り薬(ニコチンパッチ) 飲み薬(チャンピックス)
  料金 保険診療
(3割負担の場合)
料金 保険診療
(3割負担の場合)
初診料+再診料 7,620円 2,286円 7,620円 2,286円
ニコチン依存症管理料 9,620円 2,886円 9,620円 2,886円
院外処方箋料 2,040円 612円 2,040円 612円
禁煙補助薬 20,730円 6,219円 37,660円 11,298円
40,010円 12,003円 56,940円 17,082円

貼り薬(ニコチンパッチ)・飲み薬(チャンピックス)は、自分で選ぶことができます。
私は、禁煙外来で飲み薬のチャンピックスを処方してもらっています。

禁煙成功率は、チャンピックスの方が高いようです。

チャンピックスの作用はこちらで解説されています。
飲む禁煙の薬「チャンピックス」

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。