住宅ローン繰り上げ返済を賢くしよう!銀行比較

もし手元に余裕資金ができたら、住宅ローンの一部繰り上げ返済にお金を充て、支払総額を減らすことができます。
住宅ローンを早く終わらせて、将来へ備えていくのはどうでしょうか?

繰り上げ返済をすると、返済額はすべて元金に当てられます。
元金が減るため、利子も減ります。
利子が減っていくので、住宅ローンの支払総額が減ります。

住宅ローンの返済方法は、「元利均等型」を選んでいる人が多くいます。
元利均等型は、毎月の返済額が一定で支払い開始時の負担が軽減され、当初の返済金のほとんどは利子に回ることになります。
繰り上げ返済をすることで、住宅ローン組み始めから、元金を減らしていくことができます。
住宅ローンの繰り上げ返済手数料については、一番下の表でご確認ください。

最近では、繰り上げ返済の手数料が無料になったり、1円単位で繰り上げ返済できる金融機関が増えています。
ボーナスや、毎月の給料で少し余った時に、繰り上げ返済することも可能な状況になってきています。

繰り上げ返済には、2つのタイプがあります。
「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。
期間短縮型は、毎月の返済額は変えずに返済期間を短くします。
返済額軽減型は、返済期間は変えずに毎月の支払額を少なくします。

将来的には、毎月の返済額を変えずに返済期間を短くする「期間短縮型」の方が支払総額が減ります。
しかし、毎月の返済の負担が大きい場合は「返済額軽減型」を選択するのも手です。
どちらの返済型を選択しても、支払総額を減らすことができます。

住宅ローン一部繰り上げ返済手数料(100万円未満)

銀行 ネット 窓口 申し込み可能額・単位
三菱東京UFJ銀行 固定 0円 3,150円 返済額軽減型は1円~1円単位。
期間短縮型は毎月の返済額以上で1円単位。
変動

4,200円

5,250円

みずほ銀行 固定 0円 5,250円 窓口で1円単位。
ネットで10万円以上・1万円単位。
変動 0円 10,500円
住信SBIネット銀行 固定 0円 窓口の取扱はない 1円から、1円単位。
変動 0円
ソニー銀行 固定 0円 窓口の取扱はない 1万円以上から、1円単位。
変動 0円
三井住友銀行 固定 0円 5,250~15,750円 1円から、1円単位。
変動 0円 5,250~15,750円

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。