車の事故で信号を壊したら・・・

車の事故で信号機などを壊してしまったら、弁償することになります。
弁償する金額は、道路を管理している国や県などから高額な請求がきます。

信号機の場合、弁償額は、約355万円(工賃含む)の請求額がくるそうです。
ポールだけでも、60万~70万円程度が請求されます。

道路標識の青い看板も、約345万円(工賃含む)の請求額。
また、一般道路のガードレールは1本2m程度で7万円(工賃含む)の請求額。
高速道路のガードレールは、強度が強くつくられていたりしているため、もっと高額になるそうです。

他に、高額な弁償額になるのは、光ケーブル埋め込みタイプの電柱。
1000万円~らしいですよ。

壊した場所などの状況によっては、もっと高額な請求になる場合があるそうです。

実際は、対物保険にはいっていれば、保険会社が支払ってくれるので恐怖におびえながら運転しなくても大丈夫!
逆選択になっちゃう?)

こういうことを考えると、やっぱ対物保険は無制限で入っておいたほうがよいかも。

保険で支払われるけど、車も修理など手間はかかるし、車の価値が激減です。
怪我もしてしまうかもしれません。
やっぱり安全運転しましょう!
ちょっとメモでした。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。