EUでも無駄が続々発覚!

日本では、無駄削減ということで「仕分け」やってましたが。
欧州連合(EU)でも無駄が続々と発覚しているようです。

2009年度に加盟各国に支出した予算が無駄遣いされていることで問題になっています。
無駄遣いは、イギリスのシンクタンクの調査で明らかとなりました。

EU自体が、ルクセンブルクに福利厚生用として社交クラブを510万ユーロ(約5億7千万円)で購入。
社交クラブの1階はレストラン。
最上階は英スコットランドの伝統ダンスやワインテイスティングなどの趣味を楽しむスペースがあるそうです。

ハンガリーでは、犬のリハビリ施設「犬の暮らしとライフスタイルの向上」を目的にEUの地域開発基金から民間会社に11万1千ユーロが支出されました。
しかし、療養に使うための建物は実際は使われていないことが発覚しています。

イタリアでは、ナポリで行われたエルトン・ジョンなどが参加したフェスティバルに地域開発基金から72万ユーロ(約8千万円)を支出。

このEU各国の無駄遣いが発覚し、EUの報道官は
「理由を調査する。」
としています。

どこでも無駄なことに税金が使われているのですね。

日本はこんなことがびっくりするくらい多いです。
正直、税金払いたくない!

個人的には、犬のリハビリ施設は、しっかり運用されているならよかったのに!
と思います。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。