電線業界のちょっとしたまとめ

電線業界のちょっとしたまとめです。自分用のメモも兼ねて。

電線業界の主な上場企業

  • 古河電気工業
  • 住友電気工業
  • フジクラ

国内では、設備投資、住宅着工が少なくなっているため、本業の電線での利益は少なくなっている。
そのため、電線から派生した商品で利益を上げている。

古河電気工業
自動車の電子部品に使われているアルミや銅条

住友電気工業
自動車のワイヤーハーネス
ワイヤーハーネスは、自動車やコピー機などの機器に搭載された電子部品や電装品を電気的に接続し、相互の情報と電力の伝送を中継するパーツ。

フジクラ
光ファイバーのガラス素材 (光ファイバー:Wikipedia)

などがある。

また、海外での売り上げにも力を入れている。

海外の売上比率は

  • 古河電工:30.8%
  • 住友電工:38.4%
  • フクジラ:47.4%

となっている。

今後注目される技術は「超電導」

超電導とは、金属を一定の温度で冷やしたとき電気抵抗が0になる現象。
これを使って送電のエネルギーロスを大幅に抑えることができる。
スマートグリッドなどに活用される。

現段階では、大量生産できる体制が整っていない。

不安材料は、公正取引委員会が価格カルテルの調査を始めていること。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。