ツイッターやフェースブックで1.9兆円の損失の可能性

英国の人材サイト「マイジョブグループ」によると、
ツィッターなどのソーシャルメディアサイトは英経済に1.9兆円の悪影響を与えたとの調査結果を出した。

理由は、
全労働人口の約6%に相当する人が、仕事中に1日当たり1時間以上をツィッターなどのソーシャルメディアサイトで費やしている。
そのため、多くの企業の生産性の低下している可能性があるということ。

フェースブックやツイッターなどによる労働時間の喪失は、英国経済に最大140億ポンド(約1.9兆円)の悪影響を与えているとしている。

確かに、その通りのような気もしますね。
日本でmixiが爆発的に拡がったときにも、同じようなことが起きていそうですね。
日本でもツイッターが経済に悪影響を及ぼしている可能性はありますね。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。