NZ地震の被災者への補償

先日起こった東北地震。
少し前にニュージーランドでも大きな地震がありましたね。
ニュージーランドでは地震被害に対しての補償が始まりました。

日本では、今回の地震に対して、どのような補償が行われるかわかりません。
が、ニュージーランドの補償は参考になるかもしれません。

住宅の補償

ニュージーランド政府は地震で被害を受けた住宅の損害査定を11日から開始しました。
査定には8週間程度かかる見通しです。

ニュージーランドでは、民間の住宅保険に加入すると、自動的に掛け金の一部が政府の地震保険に積み立てられる仕組みになっています。
政府の地震保険の掛け金は最大50NZドル。
地震による損害のほか、火山、水害など自然災害による損害も補償します。
住宅については最大10万NZドル、家財は2万ドルを補償されます。
これを上回る部分は民間の保険会社が負担することになっています。

人身被害補償

ニュージーランド政府は地震による負傷者や死亡者家族に対する補償支払額が計3億7000万ニュージーランドドル(約227億円)になる見通し。
人身被害補償の内容は
負傷者には、病院での治療費など。
遺族には、葬儀代の補助として最大5540NZドルなどが支払われます。
外国人旅行者も請求できます。
死亡補償などはありません。
あくまで傷害保険のようなニュージーランド独自の制度のようです。

ads:



  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。